レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。
現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送り、これまで訪れた国は60ヶ国、200都市を超える。
(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ、アカデミー・デュ・バン講師、明治大学・上智大学非常勤講師。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、「何を捨て何を残すかで人生は決まる」「トップシェフが内緒で通う店150」等があり、著書累計300万部を突破し、韓国・台湾・香港・中国・タイで翻訳版も発売。

スマホも無い時代、ハワイで暮らすという夢を実現させる為に
40歳を前に上場企業の役員を退任し、
当時ロールモデルもいない中でハワイと東京の2拠点での生活を始める。

世界を旅しながら本を書き、旅した国々のグルメを研究し、
予約数年待ちの飲食店のトップシェフを集めた
イベントをプロデュースするなど、
何事にも縛られない生き方に挑戦し続け、現在進行形で夢を実現している、
本田直之が教える

インターネットが普及し、
働き方も多様化している現在。

大企業も副業を認め、
会社員をやりながらの副業が常識化されていき、
好きなことでお金を稼ぐ
YouTuberやインフルエンサーが増え、
世界を旅しながら収入を作ることすらできる時代です。

これからはAIの普及により、
更に仕事のあり方は変わっていくでしょう。

本田直之氏も現在は50歳。
それでも常に変化を受け入れ、実践し、自由なライフスタイルを送るために日々挑戦しています。
では、実際にどう変化し、どう人生を豊かにしているのか?

この講演会は
好きな人生を選べる自分になるための時間になります。

国際営業代行協会(PDAA)理事長
高橋英樹
初めまして、今回主催させて頂く、国際営業代行協会(PDAA)理事長の高橋英樹です。
私は現在40歳ですが、24歳で会社を興してから現在に至るまで、良いことや悪いこと、
沢山の出来事がありました。それは皆さまも同じだと思います。
私はその中で、多くの方に様々な生き方や、新しい価値観を知れる場を提供したいと思い、このような講演会を開催させていただいております。

今回の企画にあたり、六本木のタワーマンションにて、初めて本田直之さんと直接お会いさせて頂きました。
写真では分からない「挑戦し続けている男の顔」そのような印象を受けました。
その若々しさとバイタリティーはとても50歳の男性には見えなく、
私も「こんな50代になりたい」と思いました。

そんな本田直之さんですが、最新の著書「50歳からのゼロ・リセット」でも書かれている通り、「自分は時代に対応できていない」と思う出来事もあるそうです。
今でも自身の人生で壮大な実験を繰り返し、好きなことをやる人生を切り開いている
本田直之さんの話を是非楽しみにされていてください。